企業情報

経営理念-熊本プリマの原点-

一 正直で基本に忠実

一 商品と品質は熊本プリマの命

一 絶えざる革新でお客様に貢献

経営ビジョン

一人一人が創造力、提案力とスピーディな行動力を発揮し、卓越した商品開発力と技術力を結集してお客様に安全でおいしい食品と関連情報を提供し、健康で豊かな食生活の増進のために貢献する。
果敢に自己変革して収益力のある食品企業に脱皮する。

行動規範

原則Ⅰ
あらゆる企業活動の場面において「正直で基本に忠実」を旨とし、法令・社内規定等のルールを厳格に厳守する。
原則Ⅱ
「商品と品質は熊本プリマの命」、「絶えざる革新でお客様に貢献」を旨とし、常に顧客の満足と安心を優先した「もの作り」を行う。
原則Ⅲ
職務の遂行にあたっては、個人情報・顧客情報の保護に十分配慮しながら、公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行う。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
原則Ⅳ
職務の遂行にあたっては、環境保全を重視した取り組みを行う。
原則Ⅴ
「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
原則Ⅵ
従業員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、従業員の人格、個性を尊重する。
原則Ⅶ
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決する。
原則Ⅷ
経営トップは、「行動規範」の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範で社内に周知徹底し、その実現に向けた体制を整備することにより企業倫理の徹底を図る。

行動時の判断基準

当社の経営者及び従業員は、日々の業務において倫理的判断を迫られたときには、以下を拠り所に判断する。

  • その行為は、明日の新聞に掲載されても問題ないか?
  • その行為は、あなたが胸に手を当てて考えたとき、後ろめたい気持ちにならないか?
  • その行為は、家族や友人に知られても恥じるようなことはないか?
  • その行為は、誰かの生命・健康・安全を脅かすことはないか?
  • その行為は、誰かを不快にしたり、危険にしたりすることはないか?
  • その行為は、法律に触れたり、良識的な社会規範に反していないか?
  • その行為は、会社の方針や社内規範に反していないか?
  • その行為は、上司、同僚、部下に知られても構わないか?

プリマハムグループ環境方針

 プリマハムグループは、「健康で豊かな食生活を創造するために安全・安心な製品を提供し、社会と食文化に貢献していく」という基本的な考えのもとに事業展開しています。
 食品企業である私たちは、製品原材料の多くを自然の恵みから享受しており、その豊かな自然環境を次世代へ継承する責任があります。
 地球環境保全は経営の最重要課題のひとつであると認識し、持続可能な社会の実現に向け、以下の行動指針に基づき、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指した環境経営を推進します。

【行動指針】

  1. あらゆる事業活動において、エネルギー・水資源の有効利用および廃棄物の削減・再資源化等、環境負荷の極小化に取り組みます。
  2. 開発・設計から原材料の調達・製造・物流・販売・廃棄にいたるまでのライフサイクル全体を考慮し、環境負荷低減に寄与する製品・サービスの提供及び技術の探求に努めます。
  3. 関連する環境法規制等を順守することはもとより、自主管理基準を設定し、環境リスクの未然防止に努めます。
  4. 良き企業市民として、地域社会との共生に配慮した事業活動を行うとともに、環境保護活動に積極的に参加します。
  5. 環境情報を広く適切に開示し、社会とのコミュニケーションをはかります。
  6. 従業員の環境意識の向上を目的として、環境教育を継続的に実施します。

食品安全方針(プリマハム)

[1]基本理念

 プリマハムは、経営理念「商品と品質はプリマの命」「絶えざる革新でお客様に貢献」を旨とし、すべての社員がフードチェーンの一員として常に食品安全を優先した「もの作り」を行ないます。各組織が、自らの責任範囲の食品安全を確保し、各組織を連鎖することでフードチェーン全体の食品安全を確保します。このために、お客様やお取引先とのコミュニケーションを欠かしません。

 事業活動のあらゆる場面において従業員一人ひとりが、食品安全の意識を高め、食品安全に基づいた美味しい食品を食卓にお届けします。

[2]基本方針

1.法規制順守

  • 食品安全法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。

2.コミュニケーション

  • フードチェーンの一員として常に食品安全を優先した「もの作り」を行うために、お客様やお取引先とのコミュニケーションを欠かしません。
  • 常に法規制当局とのコミュニケーションを持ちます。
  • 食品安全に影響する問題を従業員に周知させます。

3.啓蒙活動

  • 食品安全に対する意識向上を図るため、食品製造に従事する従業員に食品安全教育を実施します。

4.継続的適切性のレビュー

  • マネジメントレビューを実施し、食品安全方針及び目標の改定を適切に行います。

プリマハムグループ ソーシャルメディアガイドライン

1.制定の目的

日本国内におけるソーシャルメディアの流行を受け、誤った使い方による企業ブランド価値の低下、機密情報の漏洩といったリスクの低減を目的とし、ソーシャルメディアにおいて遵守すべき姿勢・行動について、ソーシャルメディアガイドラインとして制定します。

2.適用範囲

本ガイドラインは、プリマハムグループの役員・執行役員・従業員・その他プリマハムグループの業務に従事するすべての者を対象とし、プリマハムグループ公式アカウント及び個人的なアカウントも適用範囲とします。

3.ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアはインターネットを利用したコミュニケーションツール全般を指します。

例)

  1. ブログ(yahooブログ、アメーバ、楽天ブログ等)
  2. ソーシャル・ネットワーク・サイト(facebook、Twitter、GREE、モバゲー、mixi等)
  3. 動画共有サイト(Youtube、PC2、ニコニコ動画等)
  4. 掲示板(yahoo掲示板、2ちゃんねる等)

4.ソーシャルメディア利用における留意点

  1. 各種法令並びに行動規範をはじめとする社内規定等を遵守する。
  2. 良識ある社会人としてのコミュニケーションを心掛ける。
  3. 他のユーザーに敬意を払う。
  4. 掲載した内容に責任を持つ
  5. 間違いを犯したことに気付いたら、率直に誤りを認め、直ぐに訂正する
  6. 自らの個人的な見解であり、プリマハムグループの意見を代弁するものではないことを明確にすること。
  7. 会社における自らの仕事や会社に関する話題を発言する際には、自らのプロフィールや社名、製品等について正式な表現を用いるものとし、誤解を生じさせるような表現を避けること

なお、会社の信用を阻害もしくは失墜させる虞のある行為を禁止します。

例)

  1. 会社のロゴの無断使用
  2. 会社やお取引先の機密情報の掲載
  3. 著作権、肖像権の侵害
  4. 中傷、卑猥な内容の掲載
  5. 他人の個人情報やプライバシーに関する情報の掲載
  6. 意図的な虚偽の記載
  7. その他会社の信用を阻害もしくは失墜させる行為